子供のどもりついて!?

子供のどもりの原因(2歳〜3歳)

子供のどもり原因

 

2〜3歳頃になると、
急にどもりが始まる子どもは案外多いものです。

 

どもり、つまり吃音自体の原因は

 

「素因的」「発達的」「環境的」

 

3つが複合したことによって起こると考えられています。

 

 

 

大人の吃音の場合は
“吃音を気にする事によってもっと酷くなる”
場合がほとんどですが、これは環境的なものが大きな要因になっています。

 

しかし、幼児の場合は「発達性吃音」と言い、9割以上がこれにあたります。
この吃音はこれと言った要因がないのに、ある日突然つっかえ始めます。
大人と異なり、本人も気づいていません。

 

男女の割合ですが、男の子の方が多い傾向にあります。
女子1人に対し、男子の場合は3〜7人くらいの割合になります。
これは、男子の方が言葉の発達が平均的に遅く、
伝わらないことによってのストレスを受けやすいからではないか?
と考えられています。

 

以上のとおり、幼児の吃音に関してはこれと言って決定的な原因はありません。
しかし、9割が自然と治る、あるいは軽い治療によって治ります。

 

親はあせらずに、ゆったりとした気持ちで子どもに寄り添ってあげることが
一番の克服方法と言えるでしょう。

 

子供のどもり改善の教材がありますよかったら覗いてみて下さい。

 

 

子供のどもりにピッタリの教材はこちら!